スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民家火災で10代姉弟焼死=4人重軽傷―大分(時事通信)

 6日午前0時40分ごろ、大分市角子原の会社員薬師寺高志さん(33)方から出火、約50分後に消し止められたが、木造2階建て住宅約120平方メートルを全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかり、長女で中学1年の碧さん(12)と長男で小学5年の昴大君(10)と親族が確認した。ほかに薬師寺さんら4人が重軽傷を負い、大分県警大分東署は出火原因を調べている。
 同署によると、薬師寺さんがのどなどをやけどする重傷を負ったほか、母巻子さん(61)と妻ナオミさん(34)、次女穂ちゃん(6)も軽いやけどを負った。
 薬師寺さん方は夫婦と3人の子供の5人家族。この日は別の場所に住む巻子さんも薬師寺さん方を訪れていた。 

【関連ニュース】
民家火災、6人死傷=2遺体、10代きょうだいか
47歳男と娘を逮捕へ=76歳男性殺害、放火事件
中学生2人が放火の疑い=昭和初期の洋館全焼
焼け跡から男性の遺体=背中に刺し傷、殺人で捜査本部
民家火災で2人死亡=居住の高齢夫婦か

位置ゲー コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
<ローソン子会社>元専務ら捜査へ 特別背任容疑で東京地検(毎日新聞)
民主党の次期代表選は4日実施…幹部が見通し(読売新聞)
マイケル・ジャクソン 名古屋三越栄店で遺品展示会(毎日新聞)
O157集団感染 三重の高校119人に症状(産経新聞)
スポンサーサイト

<民主党>党内から鳩山首相に早期退陣を求める声強まる (毎日新聞)

 民主党内で31日、米軍普天間飛行場移設問題での迷走や社民党の連立離脱を踏まえ、鳩山由紀夫首相の早期退陣を求める声が強まった。民主党の小沢一郎幹事長と輿石東参院議員会長は同日夕、国会内で急きょ首相と会談し、事態打開に向け協議した。小沢氏は同日夜の正副幹事長会議で、「あらゆる状況が厳しい。社民党が離脱し、非常に厳しい状況だ」と明言。政府・民主党内で緊張感が高まっている。

 3者会談は約8分間にとどまった。首相は会談後、首相官邸で記者団に対し「厳しい局面だが、国家国民のために、3人で力を合わせて頑張ろうと打ち合わせた」と述べ、続投に重ねて意欲を表明。「首相続投を確認したのか」との質問に対し、「当然だ」と答え、早期退陣を求める民主党内の動きにクギを刺した。

 首相は「私自身のことで迷惑をかけていることは理解しているが、国民のために働かせていただきたい。初心に戻る思いで頑張るしかない」と強調。一方、9月の民主党代表選の出馬について「そこまで考えている余裕はない」と述べるにとどめ、長期的な政権運営が描けないもどかしさをにじませた。

 退陣論の火消しを急ぐ首相に対し、民主党の役員会は今後の対応を小沢、輿石両氏に一任することを申し合わせた。小沢氏は役員会で「首相から呼ばれて、話し合おうということだったが、今日は時間がないので、一両日中にきちんとした話をする」と指摘。首相の認識と異なり、続投を容認したわけではないとの見方を示した。

 また、小沢氏に近い民主党の高嶋良充参院幹事長は31日、国会内で記者団に対し、「非常に深刻な事態に陥っている。事態打開を参院側から要請したい。どのような形で対応されるかは首相の決断にかかっている」と首相の自発的辞任を公然と求めた。

 一方、社民党は野党側が提出予定の内閣不信任決議案や首相問責決議案の対応について、改めて協議する。同党の又市征治副党首は31日夜、「民主党との選挙協力の前提は鳩山退陣しか道はない」と言明。首相続投なら民主党は大敗するとの見通しを示した上で、「小沢氏が何も策を打たないということはないだろう」と早期決着に期待感を示した。【坂口裕彦、念佛明奈】

【関連ニュース】
口蹄疫:鳩山首相 6月1日に宮崎訪問 東国原知事と会談
鳩山首相:続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」
社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」
鳩山首相:中国の温首相と会談 「ガス田」早期交渉で一致
毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%

<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)
<口蹄疫>「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示(毎日新聞)
熱海の岡本ホテル、市2度差し押さえ (産経新聞)
小沢氏政倫審を回避?2度不起訴で民主が消極的(読売新聞)
宮崎県、家畜埋却地買い上げ=優良種牛用に新施設―口蹄疫(時事通信)

中央・総武線各停、上下線で運転見合わせ(読売新聞)

 18日午前7時6分頃、JR水道橋駅で人身事故が発生した。

 この影響で、中央・総武線各駅停車は三鷹―千葉駅間の上下線で運転を見合わせている。

世襲批判も払拭する 青木幹雄氏後継の一彦氏(産経新聞)
観光客魅了、眼前に広がる「積丹ブルー」(読売新聞)
川辺川、八ツ場ダムは現状明記=参院選公約に―前原国交相(時事通信)
<クマ襲撃>山菜採りの男性死亡 北海道むかわ(毎日新聞)
両陛下が神奈川県へ 全国植樹祭にご出席(産経新聞)

小沢氏「起訴相当」検審、岩手知事冷ややか(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件を巡り、東京第5検察審査会が4月に小沢幹事長を「起訴相当」と議決したことについて、岩手県の達増知事は10日、記者会見で「政治的な文章が見える」との認識を示した。

 知事は、「今回は新たな事実関係が出てきたわけではなく、『絶対権力者』とか、司法の文章に出てこない、政治的な文章が見える」と述べた。その上で、検察審査会に対しては「まあ務めを果たしたということで、お疲れさまでした、ということだ」と述べ、冷ややかな感情をにじませた。

 しかし、「正式なコメントは、詳細に読んでいないので答えられない」とも語り、慎重な発言が目立った。知事は同審査会の議決が出た際には、中国出張中で、コメントを出していなかった。

草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
国際バラ展 個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
親類の犯行か、兵庫・西宮で身柄確保 京都・長岡京の夫婦刺殺(産経新聞)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
<御柱祭>柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)

「決してあきらめない」=八王子3人射殺は体制維持-時効撤廃受け警視庁捜査1課長(時事通信)

 殺人事件などの公訴時効撤廃を柱とする改正刑事訴訟法と刑法が27日、成立したことを受け、警視庁の若松敏弘捜査1課長(57)は「時間的な余裕をもらったという気持ちは全くない。決してあきらめない」と力を込めた。
 東京・八王子のスーパーで1995年、女子高校生ら3人が射殺された事件は、7月に時効の予定だったが、撤廃される。若松課長は「当分、現在の捜査体制を維持して一生懸命やる」と述べた。
 全体の捜査体制については「初動捜査をこれまで以上に充実させ、将来を見据えた体制強化や、班編制自体も見直さなければならない」と話した。
 若松課長は課題について「証拠は1事件で数千点に及ぶこともある。変質、劣化対策を検討しなければならない」と指摘。「科学捜査力は向上する一方だ。私の時にできなくても、将来できるように保管管理したい」と語った。 

【関連ニュース】
殺人の時効撤廃=改正刑訴法が成立へ
刑事に失敗許されぬ=「裁判員も参考に」
胸に刃物、女性死亡=アパート近く路上
母子が死亡、殺人で捜査=市営住宅で
裁判員制度は「合憲」=全国初の憲法判断

ネット選挙解禁へ協議機関=与野党(時事通信)
平城遷都1300年祭スタッフ 戌亥バルバラさん 「歴史の素晴らしさ、知って」(産経新聞)
<香取市長選>宇井氏が再選 千葉(毎日新聞)
振り込め詐欺未遂容疑で3人逮捕=同じ業者名で100件以上か-警視庁(時事通信)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)
プロフィール

ミスターやすおやすい

Author:ミスターやすおやすい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。